HOME > 活動報告一覧 > 小松亮太さんが盛岡でライブを行いました

活動報告

小松亮太さんたちが、盛岡のライブで募金の呼びかけ!
13日(日)は患者さんたちのためのミニライブを開催!!

11月12日と13日の両日、盛岡市内で小松亮太さんたちのライブが行われました。その折りに、小松さんからお客様へ「ムコ多糖症」支援のための募金を呼びかけていただきました。会場に置かれた募金箱には、お集まりの皆様より、温かい善意が寄せられました。本当にありがとうございました。

そして、13日には、小松さんが古くから親しくされている盛岡市内のレストラン「アンサンブル」で、ムコ多糖症の患者さん他、子供たちとご家族を対象にミニライブが開催されました。このミニライブは、場所をご提供くださった「アンサンブル」の店長・森川様のご発案に、小松さんたちが快く応じてくださったことにより実現しました。格安に設定してくださった入場料のうち、子供たち全員の分は、大阪の喜多電機様から当会に寄せられたご寄付をあてさせていただきました。

普段、本格的な生の音楽になかなか触れることができない難病の子供たちと家族にとりましては、大変貴重な体験となったことでしょう。「耀くん基金」としましては、これからも、病気を抱えた子供たちが少しでも心豊かな日々を送れるよう、様々な支援をしていきたいと考えております。

以下は、ミニライブに来るお客さんのとりまとめをした盛岡のメンバー・紺野さんと仙台から駆けつけたメンバーの小森さんが寄せてくれたミニライブの感想です。

文責 事務局

岩手県盛岡市に住む紺野秀子です。三番目の子供がムコ多糖症の況燭芭椣痢淵襯ぁ砲箸いい泙后M楔邀惺讃学部4年生です。
夏に、この会の代表の中井さんが、東京のバンドネオンという楽器の奏者と「ムコ多糖症支援ネットワーク」を立ち上げた、と耳にしてから数ヶ月、自分もその活動に参加することになろうとは!(それも地元で!)ルイがまた素敵な出会いを運んでくれました。

小松亮太さんとバンドの皆様が11月13日に盛岡のアルゼンチン・タンゴのライブ・レストラン「アンサンブル」でチャリティライブを開いてくださる!この情報が、中井さんから同じムコ多糖症況燭隆擬圓農臑羣濬擦両森琢椰君のお母さん経由で私に入ってきたのが11月4日の夜。

翌日、よくわからないままにアンサンブルへ行ってみました。店長の森川様から盛岡と小松さんとの?がりを聞かせて頂き、そのまま当日の打ち合わせとなりました。2夜連続のライブのために盛岡に来ており、その合間の日中にチャリティライブを開催してくださる運びとなりました。「20~30人くらいどうぞお誘い下さい」、ということでしたので、養護学校・福祉関連、私の友人等に声をかけました。

当日は仙台から小森さんご一家も駆けつけてくださり、子供11人を含め総勢33人が素晴らしい生演奏を堪能いたしました!!!小松さんは笑顔のステキな好青年で、トークも冴え渡り、ありえない!程の近距離でダイナミックな演奏を聴かせて下さいました。ルイと琢椰君、一緒に聴けて良かった!思いがけずこんなに素晴らしい音楽と楽器に出会うことになるとは…ルイのおかげですね。感謝感謝!癒された、感動した、カッコいい、すごくて圧倒された、バンドネオン初めて見た、こういうライブ初めて、そして来て良かった!皆さん口々にありがとう、とおっしゃられていました。ルイも足をつんつんさせてリズムをとって聴いていましたよ!お店からは、美味しいケーキと飲み物を出して頂き、優雅な午後のひと時となりました。
バンドのメンバーの皆様、「アンサンブル」の皆様、ありがとうございました。

紺野秀子