HOME > 活動報告一覧 > 第4回石垣島マラソン大会」でチャリティーラン&初のエイドステーション開設

活動報告

1月22日開催「第4回石垣島マラソン大会」でチャリティーラン&初のエイドステーション開設へ

当会の沖縄支部のメンバー・鴨澤友美さんが、こんどは石垣島を疾走します。
「第44回石垣島マラソン大会」、42.195kmのフルマラソン。島の1月の「平均」気温18.3℃、平均湿度73%。冬場とは思えない、ランナーには辛いコンディションです。

今回は、鴨澤さんご本人がオレンジの「ムコネットTシャツ」を着て走り、支援を呼びかける他、「ムコ多糖症」支援に賛同してくださった方たちと簡易エイドステーション(ランナーたちのための補給施設)を設置。ランナーたちに手作りの「サーターアンダギー」(沖縄風ドーナツ)を配るという心温まるサービスを提供するそうです。この画期的な試みは、続いて2月26日に沖縄本島で開催される「おきなわマラソン」でも行われる予定です。
沖縄での「ムコ多糖症」支援の輪は、確実に広がっています。患者さんも、患者でない皆さんも、是非、鴨澤さんたちの活動を応援してください。

応援メールは まで。
チャリティーランの募金の要領は、前回の「NAHAマラソン」同様です。
詳細は http://www.muconet.jp/special/index.html をご参照ください。

以下は、鴨澤さんが事務局に寄せてくださいましたコメントです

石垣島マラソンでは、ムコネットメンバーとして単独参加で、正直最初は心細かったですが、同じ宿のネット掲示板の仲間から、どんどん支援の声があがり、不安も吹き飛んでしまいました。チャリティーランは、嬉しいことに、昨日も石垣で一緒に走る新しいメンバーから、賛同の声があがりました。仲間には、このチャリティーランのための、簡易エイド設置、キャンペーン用のサーターアンダギーのパッキング、募金箱管理、チラシ配布をお手伝いいただく予定です。もう「なんくるないさ、まかちょーけー♪(なんとかなるよ、まかせて!)」ですね!ムコネットの輪が、ますます広がりますように!